www.sekidou.com

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです

関堂幸輔が担当する大学院の特論科目について

大阪工業大学・知的財産研究科・専門職学位課程(知的財産専攻)

位置づけとねらい

専門職大学院における特論科目は,“advanced study” と英訳されるように,学部の講義科目ないし大学院での要論科目よりも一歩進んだ内容・形式であることが期待されます。すなわち,少人数で行われる演習科目には及ばないものの,座して話を聴いて受け取るだけの授業ではなく,受講生がある程度主体的に取り組んで考えるものである,と位置づけられましょう。

こうした点に鑑み,私関堂が担当する特論科目(不正競争防止法特論およびコンテンツ知的財産特論)では,受講生の主体的関わりを持たせつつある程度の受講者数(20~30人程度)でも運営できるよう,以下の方法で授業を行うこととします。

なお,2010年度以前のシラバス(履修要項)においては下記と異なる内容の部分もありますが,すでに授業内にて口頭で伝えてあるように,下記に従って実施し,それに基づいて成績評価を行います。

授業の方法

まず担当者(関堂)が各回ごとの授業内容に応じて “テーマ” を選定し,これについて受講生(出席者)全員で討論をします。討論の形式はいわゆるディベート方式で,受講生を二つのチームに分け,それぞれの立場から検討・発言していただきます。

通常,テーマの選択・決定と実際の討論とは授業の回を跨いで行われますから,受講生は各自の責任において,当該テーマに関する調査・研究をし,討論に臨むことになります。それぞれのチームにおいて協議をするのももちろん可です。

討論への参加は必須です。発言のない者は当該回の授業を欠席したものとみなします。関堂の担当する大学院授業科目では「平常点100%」で評価しますから,開講期間中一度も発言がない者は,たとい授業に(物理的に)出席していたとしても必然的に不合格(落第)となります。

よくある質問に対する回答