www.sekidou.com

著作権法 (東京情報大学・総合情報学部・情報文化学科)

2003年度 授業計画


講義のねらいと概要

著作権法の主たる目的は著作物の創作者等の権利を保護することですが,他方著作物が広く一般に利用されなければ文化の発展もありえず,したがって権利の保護と利用との調和が図られているのです。しかし,コンピュータおよびネットワークに関するIT(情報技術)とその環境の急速な発展を伴う今日の情報化社会においては,従来の著作権制度がその姿を大幅に変えざるをえない状況にあることもまた事実です。

本講義では,上記のような著作権に関する現代的問題について,具体的かつ実学的に検討します。

到達目標

本講義で扱うような比較的目新しい事象に関する法的問題については,しばしばその本質が見失われて事実問題,社会問題あるいは技術的問題の視点のみから語られることがあります(例えば,コピー・コントロールCDは単に是か非かなどのように)。ここではあくまでリーガル・マインドに根ざした見方・捉え方を養うことによって本質的な理解を促し,またそうすることで受講生の視野を拡げて,逆に本来の専攻である情報文化学等の視点からの考察にフィードバックさせることを目的とします。

講義の方法

授業回ごとにテーマを定めて講義形式で進めていきます。なお受講生においては,この科目またはここで取り上げる各テーマに対して興味・関心を持ち,授業に積極的に取り組むことが肝要です。当方としても,受講生の興味を惹くような授業を展開することに努力を惜しまない所存ですが,受講生自らがその姿勢を見せてくれるよう希望せずにはいられません。

テキスト・参考図書

講義録が担当者のウェブページに掲載されていますので,各自入手しておいてください(http://www.mars.dti.ne.jp/~kos/)。

また,法律科目ですから法令集(六法)を必携すべきことはいうまでもありません。授業においては頻繁に条文を参照させますから,法令を見ることなく受講するのは積極性を欠くといわざるをえませんし,ましてやこれを携えずに受講するなど論外です。受講生においては,関係法令が収録されている法令集を各自購入するか(どの法令集を購入すべきかわからない場合は当方が最初の授業でアドバイスします。),あるいはウェブで関係法令条文を入手する等しておいてください。

評価の方法

学期末に実施する筆記試験を中心に,授業に対する興味や積極性を加味して評価します。試験については,短答式と論述式を併用したものを予定していますが,詳細は授業内にて適宜説示します。

他の科目との関連および受講上の注意

他のすべての法律科目を履修していることが望まれます。とりわけ,本科目では私法上の権利としての著作権を扱いますから,一般法たる民法関連の各科目(契約法,担保法,損害賠償法)の履修は前提となります。これらの科目の未履修者が本講義を履修することまでをも妨げるものではありませんが,その場合は他の科目をも並行して履修するか,さもなくば独学で履修者と同程度の知識を備えるよう努めてください。

講義計画/各回の講義テーマ

  1. 知的所有権法の枠組み

    産業・文化政策との関連においてどのような制度があり,どのような目的があるか,そして著作権法制がどのように位置づけられるかを俯瞰します。

  2. 著作権法制の問題点

    著作権とはどのような権利で,著作権法の目的は何か,またこれに関してどのような問題があるかを俯瞰します。

  3. 著作権の客体

    著作権の客体である著作物の意義,要件等を検討し,さらに具体的に著作物にはどのような種類があるのかを俯瞰します。

  4. 著作者の権利

    著作者の権利(広義の著作権)に含まれる著作者人格権および財産権としての著作権(著作財産権)には具体的にどのような権利であるのかを考察します。

  5. 著作権の制限(1)

    著作権の時間的制限(保護期間)および私的使用目的の複製等に関する著作権の制限について,これらの問題点を考察します。

  6. 著作権の制限(2)

    教育機関における利用のような公共目的の利用に係る著作権の制限について,これらの問題点を考察します。

  7. 著作物の利用

    他人の著作物を利用する際にどのようにして許諾を求めればよいか,どのような点に留意しなければならないかについて考察します。

  8. 権利侵害

    自己の著作物の無断利用や無断改変などに対してどのような法的救済手段があるのか,民事・刑事の両面から検討します。

  9. 出版権・著作隣接権

    出版者,実演家,レコード製作者,放送事業者が有する権利はどのようなものか,それぞれの権利の客体と併せて検討します。

  10. ソフトウェアの法的保護

    ソフトウェア(プログラム)は,どのような法的保護を受けうるのか,著作権法だけでなく特許法による保護も含めて俯瞰します。

  11. 著作権をとりまく国際環境

    ベルヌ条約,実演家等保護条約などの仕組みと,WIPO(世界知的所有権機関)やWTO(世界貿易機関)等の機関の役割について考察します。

  12. サイバースペース上の問題

    迅速かつ大量の複製と瞬時かつシームレスな伝達を可能にする電脳空間において,新たに生じつつある著作権関連の問題を考察します。

  13. 氏名・肖像権

    人格権としての氏名権および肖像権,ならびに財産権としてのパブリシティ権について検討します。

  14. 予備日程/試験




2,538,763

http://www.sekidou.com/
制作者に連絡する